株式会社山越 株式会社KAIPROJECT(カイプロジェクト)
  • お問い合わせ
        TEL:076-257-9111
        【受付時間】9:00~17:00(土・日・祝除く)
  • お問い合わせ

企業概要

株式会社山越の社会とのかかわり

弊社は、地域、そして地域で活動している方々とのコミュニケーションを大切にします。
社会や地域をもっと良くしたい、もっと楽しいものにしたいという、それぞれの団体の活動を応援し、人と人とのつながりをサポートしていきます。

地元金沢のデザイナーとの連携

平成6年の印刷工場移転に伴い、商品倉庫として事実上休眠状態となっていた兼六元町の旧印刷工場。その旧印刷工場を2008年に金沢アートプラットホーム2008の一拠点として提供する事になり、アートコミュニティkapoと出会いました。これをきっかけに2009年、旧印刷工場を「山越サンアートビル」とネーミングし、2009年~2014年までkapoの活動拠点として活用してまいりました。

兼六元町で創業し、紙製品の販売を始めた山越商店を原点とする弊社が地域との繋がりを再考するとともに、アートという異文化交流との接点によって何かワクワクするような新しいことがkapoと共に出来るような予感を感じ、弊社とkapoが、共同開発プロジェクト「YKP」に着手しました。

その「YKP」から生まれた、紙を使った新しいプロダクトシリーズが「paperable(ペパラブル)」です。
paper=(紙)+able=(できる)で、paperable(ペパラブル)。
紙とペンで相手に気持ちをつたえる素敵なツールとして、いろいろなアイデアであなたのコミュニケーションを彩るペーパープロダクトのシリーズです。

地元大学との連携

Case 1 金沢美術工芸大学 デザイン科 製品デザイン専攻様

平成25年 財団法人石川県デザインセンター デザイントライアル事業に参加しました。

[デザイントライアル事業とは]
企業から示された商品開発課題に対して、若手デザイナーや学生らが講師の助言を受けながらデザイン提案を行う事業です。
参加企業にとっては、若手デザイナーや学生たちの自由な発想と斬新なアイディアが商品開発のアイディアとなっています。また、若手デザイナーや学生にとっては、企業に対して自分たちのアイディアをプレゼンテーションすることで、実務経験を積む絶好の機会となっています。
http://www.design-ishikawa.jp/

≪デザイントライアル2013 「ペンで書くことが楽しくなる文具」≫
■7月5日 説明会
金沢美術工芸大学 デザイン科 製品デザイン専攻の学生8名の参加を頂き、万年筆とボールペンなどの文具をネット販売で展開している「一筆館」の現状話題から、テーマについての思いと期待を交え魅力的な文具についてフリーディスカッションを行いました。
■9月6日 中間報告
プロジェクトの経過報告として、アイディアプレゼンテーションを行い、最終発表に向けてのアドバイス、意見交換を行いました。
■9月9日 会社訪問
選定されたアイディアブラッシュアップと、モデル用の紙の選択に来社頂きました。
紙の種類と特性の説明を行い、それぞれのアイディアの表現にふさわしい紙を提供いたしました。
■9月27日 成果発表
石川県地場産業振興センターにてプロジェクト経過報告と学生の皆様より試作モデル等で最終のデザイン提案を受けました。
■平成26年 製品発表
提案いただいた中からペパラブル・プランツとして「ワタク紙」と「サンクスメモ」の2アイテムを発表しました。
http://paperable.jp/category/item/plants/

Case 2 金沢学院大学 メディアデザイン学科様

平成26年8月5日 金沢学院大学 メディアデザイン学科様との「産学連携プロジェクト」がスタートしました。
このプロジェクトの目的は、学生デザイナーが企業と協力しながら実際の商品づくりを行い、開発に関するプロセスを体験することで得られる機会の場として、 また、商品開発を進める弊社は新商品のコンセプトづくりや基本デザインの斬新な発想提案を受けられる場としてお互いに良い効果が得られると考えています。

プロジェクトには22名の参加があり、66点のアイデアを出していただきました。
ディスカッションを行い、25点のアイデアについて最終プレゼンテーションを実施する運びとなりました。

「産学連携プロジェクト」の一環として会社見学を行いました。
平成26年10月31日に棒田先生をはじめ22名の学生の皆様に来社いただき印刷物が出来る工程を見学してもらいました。

最終プレゼンテーションを基に、ペパラブル・プランツに新たに「はに紙メモ」「はに紙フセン」「グルメモ」「ハーベストメモ」の4つのアイテムを加えることとなりました。

金沢は芸術文化の盛んな街です。
金沢の伝統技術や工芸、新しい発想と、印刷・Webを通じて新しい取り組みができないか、今後も模索していきます。